ザイザルなどアレルギー治療薬の効果作用について

ザイザルなどアレルギー治療薬の効果作用について

花粉症をはじめとした、アレルゲンが元で起こるアレルギー症状の治療薬として、病院でよく処方される薬品のひとつに「ザイザル」があります。
ここでは、抗ヒスタミン薬に分類されるザイザルが、どのような効果作用をもたらしてアレルギー症状を抑えるのか、正しい服用方法や注意すべき副作用などに関して学んでいきましょう。
また、ザイザル以外のアレルギー治療薬に関しての詳細や、同じ薬効成分を持つ市販薬についても解説していきます。

ザイザルの効果と作用の紹介

ザイザルとは、グラクソ・スミスクライン社によって開発・販売されている抗ヒスタミン薬です。
花粉症などアレルゲンによって引き起こされるアレルギー性鼻炎・蕁麻疹、皮膚炎などの治療に用いられます。
抗ヒスタミン薬の中でも第二世代に分類され、第一世代の花粉症薬・ジルテックの改良品として開発されているため、即効性が高い上に安全性も強化されている、優れた薬品です。

花粉症治療の面では、アレルギー性鼻炎やくしゃみ、鼻水・鼻づまりといった症状の緩和が主な作用となります。
ザイザルは花粉症薬の中では効果は中程度でありつつも、バランスのとれた薬品であるため花粉症の症状が現れてから服用しても、十分に効果を発揮する優れた即効性を持っています。

ザイザルに含まれる成分のうち、レボセチリジン塩酸塩が主な薬効成分となります。
レボセチリジン塩酸塩の働きは、アレルゲンが身体に侵入したことでアレルギー症状を引き起こす原因物質・ヒスタミン受容体の活動を抑えて症状を緩和することにあります。
花粉症が元で発症するアレルギー性鼻炎の他、蕁麻疹や皮膚炎、痒疹・皮膚そう痒症の治療にも用いられます。

ひとつ気をつけておきたいのは、あくまで対症療法薬であり、アレルギー症状を引き起こす原因そのものを叩く薬品ではないという点です。
免疫力を向上させたり、外出時にはマスクを着用するなど予防策を講じた上で服用することで、より効果が高まります。

また、中程度に効くという反面、ザイザルを服用する上で副作用もつきまといます。
抗ヒスタミン薬にはつきものの服用後の眠気や口の渇きが主な副作用です。
第二世代で改良されているとはいえ副作用は発現するため、自動車の運転前や危険を伴う機会の操作前・高所作業前に服用することは禁じられています。

ザイザルの正しい服用方法について

ザイザルはバランスの取れた優秀な抗ヒスタミン薬ではあるものの、ある程度高い効力を誇るため、服用の際には副作用に注意する必要があります。
飲むと必ず副作用が出るわけではありませんが、高確率で発現するため、一般的に飲むタイミングは眠気が出ても全く問題のない就寝前が基本とされています。

成人の場合は、1日に1回就寝前に服用します。
一般的には錠剤タイプを1日1錠が適量とされています。
年齢や症状によって用量は調節されることがありますが、最大でも1日あたり2錠(10mg)が限度とされています。
7歳から15歳までの小児の場合は2錠ですが、主成分が半分の2.5mgのものを1日で2回に分けて服用します。
薬の持続時間は24時間もあるため、毎日欠かさず服用していれば効果は切れずにずっと持続しつづけます。

副作用である眠気を利用して、花粉症の症状が酷くなる時間帯を乗り切るという方法も可能です。
深夜から朝方にかけて鼻炎や皮膚の炎症が悪化する傾向にありますが、ザイザルの服用によって症状を抑える効果に加えて、服用後の眠気を利用して深い睡眠でかゆみ・炎症が気にならなくなります。

服用する上での注意点として、使用期間は飲酒は控えるようにしましょう。
アルコールによって眠気や倦怠感など、副作用が強くなる確率が上がるため、できるだけお酒を飲まないようにします。
服用するのを忘れた場合、気が付いた時点で1回分を飲むようにしてください。
通常服用する時間が間近に迫っている場合は、1回分飛ばすことが推奨されています。
くれぐれも2回分を一度に飲むなど、用量や用法を勝手に変更しないようにしましょう。

眠気や口渇の他に、頭痛や疲労感・倦怠感、吐き気や浮動性めまいなどの副作用が見られることもあります。
このような異常が見られたら、担当の医師もしくは薬剤師に報告・相談する必要があります。

ザイザル以外のアレルギー治療薬には何がある?

ザイザルよりも効果が強いアレルギー治療薬は、同じ第二世代に属するアレロックが挙げられます。
アレロックもザイザルと同じように、花粉症によって引き起こされるアレルギー症状を抑える効果があります。
花粉症によるものだけでなく、じんましんや皮膚のかゆみなど、薬効の範囲が広いのも共通しています。
相違点としては、子供の使用可能年齢にあります。
ザイザルの対象年齢は7歳以上であるのに対して、アレロックの顆粒(粉薬)は2歳の幼児から使用が可能となっています。

他の第二世代のアレルギー治療薬に、アレグラも候補として挙げられます。
基本的にはザイザルやアレロックと同じような働きをする薬です。
1日あたり2回服用が必要な点はアレロック・アレグラの2種が共通です。
2016年11月より規制が緩和されて、第一類医薬品から第二類医薬品へと分類が変更されました。
そのため市販薬としても販売されている、数少ないアレルギー治療薬でもあります。
薬剤師からではなく、登録販売者から購入できるようになったため手軽に入手しやすい薬品です。
ただし、安全な分薬効もマイルドであり、副作用こそ強くないものの花粉症の症状を抑える力も緩やかです。

ザイザルと同様に強い効果のある薬品に、第一世代のジルテックがあります。
本来、ザイザルはジルテックの強い副作用を抑える目的で開発された薬品であり、この二者の薬の効き目は変わりません。
睡眠前に服用することが何ら問題のない場合や、そもそも眠気など副作用が出にくい体質であるならば、市販薬も存在するジルテックの方が利用しやすいです。
薬剤師と相談しつつ、外に出歩かない休日に服用して試すなど調節してみると良いでしょう。

ザイザルはドラックストアで売っている?

残念ながら、ザイザルは病院での診察を受けてからでないと入手できない処方薬であり、ドラッグストア・薬局などで購入することはできません。
また同じ成分を含む市販の薬品や、安価で入手できるジェネリック医薬品の両方とも販売されていないのが現状です。

しかし、ザイザルの元である第一世代の抗ヒスタミン薬・ジルテックには、同じ成分を用いた市販薬が販売されています。
病院から処方される薬品と同じ薬であり、薬局やドラッグストアなど店頭で販売できるようになったものをスイッチOTC医薬品と呼びますが、ジルテックのスイッチOTC医薬品にあたるのが「コンタック鼻炎Z」と「ストナリニZ」の2つです。
これらは、ジルテックと同じ有効成分・セチリジン塩酸塩を含み、成分の持つヒスタミンH1受容体拮抗作用によって花粉症のアレルギー症状を和らげてくれます。

この2つのスイッチOTC医薬品のメリットは、忙しくて病院に行く時間が取れない方や、過去に使用したことがあって副作用が出る心配がない方が手軽に利用できる点が挙げられます。
薬の効果・効能も変わらないのはもちろん、服用方法は1日1回と、ジルテックや第二世代のザイザルと共通しており使いやすくなっています。
ただし、使用可能な年齢は15歳以上と引き上げられており、乳幼児や未成年の使用には注意が必要です。

自分の症状によく効く成分を自覚していれば、市販薬を選んで効果的に服用することができます。
もし薬効成分が分かっていても副作用が心配であれば、少し薬効がマイルドなアレグラを購入するのも手です。
運転前や高所作業前に服用しても眠気が出ない安全な薬であるため、状況に応じてセレクトすると良いでしょう。