白髪染めを節約する方法

数年前から白髪染めを利用して、一時期面倒だったりという理由でやめてからまた使い始めています。
やはり割と若い時期に白髪だと老けて見られることもあり、染めるようにまたなりました。
長い間使っている白髪染めはとても気に入っていて、白髪が多くなってきてるのでひとつだけ濃いめのカラーに変えたもののずっと使っています。余ったら次に使えるというのが気に入っていて、経済的なのでいつも買っています。

白髪染めランキング
ただ、中身の量が分からないので染めている途中で白髪染めがなくなったりするというトラブルもあります。一度そういうことがあって、それからは予備にひとつ同じものを用意しています。5分ほどで染められる点も非常に気に入っています。
何回か使える白髪染めですが、更に経済的な方法を考えて最近始めたのがショートカットです。流行のソフトモヒカンにして、普段使うシャンプーの量も節約で きています。髪を洗ってタオルで拭いてもすぐに乾くのでやってよかったなあ、と思っています。もちろん白髪染めを使う量も半分くらいに減りました。染めた ときのムラも少なくなった気がしていて、付属しているブラシも使いやすくなっています。単純計算でも倍くらい白髪染めを使えるようになっています。

白髪染めしないと外に出られない程になってきた頃から始めました

私は20代後半から白髪がちらほら生えてきました。当時は若白髪だとごまかせる程度で、美容院でヘアカラーもしていましたが、特に白髪染めの為にしていた わけではありません。しかし30代に入るか入らないかの頃からだんだんと白髪が増えてきて、白髪染めの為にヘアカラーをする状況になってしまいました。
ちょうどその頃妊娠・出産の為仕事も辞め、専業主婦になり、自由に使えるお金も少なくなってしまったし子供がいるとなかなか美容院にも行けないので、それまで敬遠していた自宅でできる白髪染めを始めることにしました。
ちょうどその頃から泡カラーが発売され始めていました。これなら素人でも簡単にできると思い、花王のブローネ泡カラーを購入し、現在も愛用中です。
やり方はとっても簡単で、カラー剤をボトルで混ぜ、液体を作ります。このボトルの出口が泡状で出てくる仕組みになっているので、適度に出し髪に乗せていきます。
全体に泡が行きわたったら、くまなく染まるようにもみ込んでいきます。そうするときめ細かい泡がどんどんできてきて髪の周りを覆うくらいの硬さの泡ができ、髪をコーティングしていきます。そしてその状態で20~30分待って十分に洗い流せば完了です。
1箱でだいだいセミロング1回分の量なのですが、私は毛量が多いのでセミロングの時は2箱使います。髪が短い時は1箱というように調整しています。

髪が伸びるだけならヘアアレンジでごまかせますが、白髪は無理です。自宅でできる白髪染めは、とてもおススメだと思います。
そして美容院に行ったときに美容師さんにも正直に自宅で白髪染めをしていると伝えています。そうすると、塗り方の工夫を教えてもらえたりします。
例えば私はもみあげ部分が染まりにくくて悩んでいたのですが、生え際同様もみあげも染まるのに時間がかかる場所なのだそうです。だから一番最初に液をつけるといいとのことです。実際にもみあげから塗り始めたら、仕上がりはバッチリでした。
ただデメリットはあると思います。泡カラーは染ムラが少ないとはいえ、市販のものは毎回全体を塗っていくので髪の負担はあると思います。美容院なら、新た に生えてきた場所だけ塗ることも可能ですし、時間が経って色が変わっても柔軟に対応してもらえます。なので私は、2,3回に1回は美容院で白髪染めをして もらっています。気休め程度ですが…。
まだまだ白髪のまま外を歩くには若い年齢です。この先あと2,30年は白髪染めと付き合っていくと思いますが、髪とお金に負担がかからないよう上手にやっていこうと思います。

今まではトリートメントで済んでいますが。

私が白髪染めを意識し始めたのは40代中頃からです。それまでは艶々の黒髪が自慢で、カラーリングもしていませんでした。けれど年齢には勝てず、ある日ふ と見つけた白髪が数年で倍増。今までどこに隠れていの?!と驚くほど長い白髪がピンと立っているのを見つけることが増え、美容師さんに相談しました。
どんな人でも50歳までには白髪染めが必要になりますよ、まだ少ない方ですよと慰められました。最初は髪や地肌に負担が少ないヘアマニキュアを試してみま しょう、とのことで、施術して貰いましたが・・・全く色が「入っていかない」のです。これは美容師さん曰く私の髪が健康である証拠なんだそうで、我慢して 三回ほど繰り返してみるとようやく白髪が目立たない感じになりました。
ただ、コスパが悪いこと。お店によって値段は違うのでしょうが、ヘアマニキュアって数千円から一万円超えなのに、効果は二、三週間もありませんよね。
友達にもいろいろ聞いて、自宅で試せるトリートメントタイプに挑戦してみることにしました。シャンプーと同時に出来るという手軽さと、失敗してもそう惜し くない価格が魅力で。「モノによってあなたの毛質に合う合わないがあるから、数種類試すことになるよ」とアドバイスを頂いたので、次々に5種類ほど試して みました。個人的な結果ですが、一番よかったのはLPLPです。これは艶々に仕上がって、何度使っても髪や頭皮が荒れません。そして何より、しっかり染ま るのに手やタオルに色移りしないのです。今のところこれで問題なく過ごして・・・・・・と言えたのは去年まで。実は、更年期障害らしい不眠がひどくなり、 髪の根元がどんどん白くなってきています。美容師さんも心配してくれますので、相談の上、そろそろ本格的白髪染め、つまり二種類の薬剤を混ぜて塗るタイプ の酸化染毛剤を試してみては・・・という事に。これは時々実家の母の毛染めを手伝っているので扱い慣れてはいるものの、強力な分髪を傷めパサパサになりま すし、うっかり垂れると頭皮ばかりか生え際や顔まで真っ黒になってしまうのですよね。そしてこのタイプもやはり、自分の毛質に合うものを探していかなけれ ばならないとのこと。
ちょっと気が重いですが、白髪が目立つと一気に老けて見えますから、それだけは避けたい。いつまでもお洒落で身綺麗でいたいので、頑張らなくては!と思っています。

香りと、泡の使いやすさ

母方の家系が白髪が多いせいか、大学に入った頃から白髪が目につくようになりました。20代の頃は数本程度だったので、ケアはしていなかったのですが、 30代になると髪の分け目に沿って白髪が増えていることが判明しました。生え際だけの白髪ではなく、毛先まで真っ白な白髪です。黒髪なので、筋のように混 ざる白髪は目立ちます。
30代で白髪染めか、と気持ちが落ち込みましたが、白髪があると老けて見えるので仕方がありません。ドラッグストアに行ってクリームタイプの白髪染めを購入しました。
初めて使った白髪染めは匂いがきつくて、しかもあまりうまく染まりませんでした。それで、何が良いかを検討して、今はビゲン香りのヘアカラーを使っています。
泡で出てくるタイプで、手のひらに乗せて髪にもみこめば根元までしっかり染まります。クリームタイプは、櫛でとかしていると垂れてきたりしますが、泡は髪に密着するので垂れる心配がありません。生え際までしっかりつけることができます。
においも、以前使っていたようなキツいにおいではありません。フローラルのような香りです。部屋の中で白髪染めをしても、臭くならないのが良いです。
お値段もお安いので、使いやすいです。